2013年10月02日

サイゼリアゲーム会のプレイ日記

9月30日の夜に近所のサイゼリアでゲームを遊びました。

今回のメインイベントは「スパイリウムで遊ぶ!」です。
クロマさんとG2さんが来てくれました。


クロマさんを待っている間、
G2さんと二人でポテトマンをして時間を潰しました。

このゲームは数字の大きいカードを出した人が得点!というシンプルなゲームです。

しかしカードには4色の色があり、
そのターン中に出された色は出せないという制限があります。

それと、強力なカードのポテトキラーに対して
最弱カードのポテトマンで対抗することで
ポテトマンを出したプレイヤーの勝利が確定するという要素があります。

黄色は弱く、緑はやや弱め、青がやや強め、赤は強いカードがあります。

強いカラーで勝っても得点が小さく、
なるべく弱い色で勝てると高得点が狙えます。

赤の最強カードがポテトキラー、
黄色の最弱がポテトマンのため、
カウンターが狙えるということですね。

2人・3〜4人・5人とカードの配り方が違い、
かなり戸惑うところが多かったのですが、
なかなか楽しめました。

絵が最高にいいですね!
この絵に惹かれて買ってしまいました。

ポテトマン.jpg


ポテトマンの途中にクロマさんが到着したので、
次にピラニアパニックをプレイしました。

ピラニア.JPG

サイコロを振り、出た目だけ自分のコマをすすめることができます。

ゴールまでたどり着けたら良いのですが、
サイコロにはピラニアの目というものがあります。

ピラニアの目が出たらサイコロを振り、
出た目に応じてピラニアボールがゴール手前に配置されます。

そして、レバーを引きます。

そうすると、ピラニアボールがボードの下を転がっていきます。
ボールはランダムに転がっていき、
コマが乗っているマスの下部にヒットすると、
ひっくり返ってピラニアに食べられてしまいます。

ピラニアに食べられるとスタートからコマを動かさなければなりません。

ギミックはとても面白いのですが、
進むのもサイコロ運で、ピラニアに食べられる場所も運、
これは運ゲーかなーと思いました。


その後、クロマさんの持ってきた
スケートのゲームをやりました。

スケート.JPG

名前はなんだったか忘れてしまいました。
ボードにはアイスレイク?って書いてありますね。

プレイヤーはアイススケートをしている人となって、
スケートを滑るわけなんですが、
滑るルートはそれぞれ渡されたシートに書いておきます。

誰がどんなルートを滑るか予測しながらコースを決めていきます。

そして、決まったらみんな1歩ずつ進んでいき、
滑り終えるか、衝突するかするまで進みます。

この時、スケートリンクから飛び出したら負けです。

滑るとスケートリンクに亀裂が走っていきます。
マジックでボードに亀裂を書いていきます。

この亀裂で囲まれたプレイヤーは即座に負けとなります。

この予測ルート考えるのがとても楽しいです。


で、今回のメインイベントスパイリウムです。
このゲームは、カードの効果で勝利点を稼いでいくゲームです。

場には計9枚カードが並びます。

 ■■■
 ■■■
 ■■■

こんな感じです。

プレイヤーはアクションフェーズが来たら、
2枚のカードの間にミープルコマを置けます。

最初から3個もってます。

実は、アクションフェーズは2つのフェーズに分かれていて、
2つ目のフェーズに行くタイミングは任意です。

1つ目のフェーズはミープルコマを置く!(配置)
2つ目のフェーズはミープルコマを使う!(発動)

ミープルコマを使うとどうなるのか?

コマに隣接しているカードを買って勝利点を得たり、
隣接しているカードに隣接しているミープルの合計分お金を得たりできます。

配置ばかりしていると遅れを取る可能性が有ります。

ここぞという時に、発動フェーズへ進みたい感じです。

さらに、ミープルコマが隣接しているカードは
コマの分だけコストがかかるため、
発動に進んだはいいものの、まだ高いから様子を見たい…。
ということがあったりします。

全6ラウンドやったらゲーム終了です。

ルールミスを多数してしまったので、
かなりグダグダな結果になってしまいました…。

本当に申し訳ありません…。


ラストにもう一回ポテトマンをプレイしました。
ルールが2人時と若干違うので、
また違った楽しさがありました。

スパイリウム、面白かったのですがこれはリベンジしたいです…。
posted by やざわ at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする