2013年11月07日

ゲームマーケット2013秋に参加しました

ゲームマーケットにて「たねまき」を無事頒布することができました。

1ユーザーだった自分が出展側にまわることになるとは、
夢にも思いませんでした。

ブースに来ていただいたみなさま、
お世話になったみなさま、本当にありがとうございます。
そしてこれからもよろしくお願いします。

たねまきですが、
構想からバランス調整まで約1年がかかっています。

あんなことやこんなこと、
なくなったカードやルール、
追加されたこやしの経緯などなど、
そのうちブログにまとめてアップできたら、しようと思います。

HOYGAMESのゲームマーケットはどうだったのかといいますと、
正直周りを見る余裕はありませんでした…。

自分はあまりコミュニケーションがうまい方ではないと思っていまして、
とにかくずっと緊張していました。

説明を聞いていただけた皆さんはそんなテンパった説明を
ちゃんと相槌を打ちながら親切に聞いてくださって感謝しています。

売り子をしていただいたG2さん、
英訳をしてくれた羽無エラーさん、本当にありがとうございました。

ゲームの説明に加え、
予約したゲームを買わなければと、とてもあわただしかったです。

私の戦利品はこんな感じです。

戦利品.jpg

・Ni-go
 ルールはだいたい読みました。
 本当に驚くことばかりです。
 
 特に「にせ手品」というゲーム。
 
 初めて読んだときはなんて強引なルールのゲームなんだ、と思っていました。
 しかし、リアルタイムアクションゲームと考えると確かに成立しています。
 しかも、たった一つのカードを抜くだけでゲームになっている、すごい!

 それ以外のゲームもどれもルールを見るだけでなんて面白いんだ!
 と思えるゲームが入っています。

 25枚のカードでこんなに完成度の高いゲームを作れるとは…。

・FLIP9
 ゲームマーケットの前日会で面白いと聞いていたので、
 500円という低価格だったので買うことにしました。

 一人のソリティアゲームです。

 ルールは簡単ですが、クリアするのはなかなか難しいです。
 1〜9の順番にカードを並べるだけです。
 
 このゲームですごいと思ったのは、
 次に動かすべきカードが動かしたカードによって決まるので
 どのカードを動かすべきか迷うことがないということ。

 解答に近づくためには、先の先まで考える必要がありますが、
 気持ちの良い束縛感と自由度があるプレイ感が楽しいです。
 
・FlatCube
 カードの両端に色付きキューブが半分描かれていて、
 それらをくっつけて綺麗に色を揃えるソリティアゲームです。
 このゲームはどうも苦手なのかクリアできていません。
 これもFLIP9同様にシンプルなルールで
 ちょっとした時間にできていいです。

・トロウジャン
 ゲームマーケット前日会で面白かったので購入しました。
 十式さんはお隣でした。
 セブンブリッジみたいな感じで
 同数字の3枚セット、同色の階段3枚セットを出して上がりを目指すゲームです。
 
 ※セブンブリッジは中学校時代に遊んだきりのためその記憶は曖昧です。

 しかしそれだけではなく、
 それぞれのプレイヤーの前にカードが1枚伏せられていて
 トラップとして機能しています。

 トラップと関連しているカードのセットは減点になってしまいます。

 ほかの人が出したセットにカードを付け足したりして、
 トラップに引っかかりやすくしたりすることもできます。

 カード集めてポンと出すゲーム、好きです。
 
・モテねば。
 これはルールを読みましたが、
 やってみないとおもしろさの想像がつきません。

 おそらくプレイヤー間でのじりじりとしたアピール合戦が楽しく、
 一人でプレイを再現していてもまったく面白くありませんでした。
 
 テーマや絵は最高に雰囲気は出ていますし、
 評判もいいので早くプレイしてみたいところです。
 
・ドラゴンズストーン(拡張も込み)
 カードテキストが多いゲームは苦手なんですが、
 「Power9Radio」がとても面白く
 その方が制作したゲームということで買ってみることにしました。

 ひとりでプレイを再現しながらルールを解読していくと、
 あまり聞きなれない用語が多く、
 覚えるまでは面倒なところはあるものの、
 これは面白いんじゃないかと思いました。

 毎ターン「でかい数字を出した奴が勝つ」というシンプルな目標。
 勝つタイミングによって得点が伸びたりするという要素。
 4ターンのコンボの組立。

 これは好きなんじゃないかなーと思います。
 早くやってみたいです。

・ボードゲームガイド500
 まだ軽く流して読んだだけですが、
 しばらく繰り返して読み、楽しむことができそうです。

たねまきはまだ在庫が余っているので、
どこかに委託販売をお願いするとか、なんとかかんとかしながら、
遊んでみたいと思っている人たちの
お手元に届けることができたらと思っています。

そして、次回作の構想ですが
色々と考えてはいますが、
まだまだ遊べるレベルに至っていませんので、しばらくお待ちください。
posted by やざわ at 21:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする