2019年12月15日

デザイナーズノート-プロジェクトユニバース(始まり)

HOYGAMESのやざわです。

ゲームマーケット2019秋では「プロジェクトユニバース」を新作として販売しました。

このゲームは制作期間が2年と、今まで作ったゲームの中で最も長期間で、
大規模なゲームとなりました。

これがどんな流れで作られたのか、文字に残しておこうと思います。

■空白の2017年
2016年に「老師敬服」を販売し、
2017年は新作を何も発表することがありませんでした。

2017年は何もしていなかったわけではなく、
いろいろなゲームを試してはお蔵入りにしていました。

お蔵入りになった一つは「コードネーム:スパ」と呼ばれるゲームで、
スーパー銭湯やスパ施設が大好きだったので、
スパに関するゲームを作ろうと思って作っていました。

こちらは自分のスパ施設にお風呂、ジェットバス、サウナ、水ぶろなどの設備を設置し、
設置したことによって自身のパラメータである体温が上下、
その年のお客さんが求める温度に近いと勝利点といったゲームです。

しかしこのゲームは構想だけで終わり、
様々な形を変えてテストをしてくことになります。

このゲームの元となったゲームが「プロスペリティ」だったことから、
「風呂スパリティ」という名前で記録が残っています。

つぎに「アボカド」という
フルーツを売ってお金を稼ぐゲームを試し始めました。
スタートが「テラミスティカ」の宗教トラックでゲームができないか、
というところだったので、テーマがありませんでした。

何か交易するゲームがいいかもしれないと思い、
適当にメキシコのいくつかのフルーツを売り、
各フルーツを各トラックに当てはめ、フルーツを売ると恩恵が得られる、
という仕組みにしました。

このゲームは非常にコンポーネントが多く、大変だった記憶しかありません。
あんまりおもしろくもなく、ゲーム内容はあまり覚えていません。

その次が帰ってきた「コードネーム:スパ
こちら、もはや風呂は関係なく、
大好きな「スパイリウム」の一部を元にしたゲームとなります。
そして、メインシステムは面白いと思うものの、
あまり評判を聞かない「キングスポーチ」の袋引きを採用しています。
正直なところ、あまり「キングスポーチ」のシステムは機能していませんでした。

舞台は宇宙、ある惑星を植民地にするため、各設備を惑星に設置していきます。
前半では労働者の袋引き、後半では設備の起動を行って得点を得ていきます。

後半に進むタイミングは各プレイヤーの任意のタイミングで、
後半に進むと袋から引くことはできなくなり、設備の起動のみとなります。

前半の無意味さが目立ちこれはダメだと結構調整したもののお蔵入りにしました。

そして最後に「穴掘り」です。
こちらはキングスポーチの袋引きをあきらめきれず作ったゲームです。
このゲームの中には凄く光るシステムがあり、
いつかゲームに生かせたらなと思っています。

ゲームは手札をドラフトしていって、移動力カードを獲得し、
手番ではそれを使用していきます。

移動した先のマスに書かれた数、鉱石を袋から引いてセットコレクションを作って、
得点を得ていきます。

カードにはアイコンが書かれていて、それらはマスに侵入する際の助けになります。
プレイヤーは使用し終わったカードのうち一枚を自分の個人ボードに差し、
次の手番は少し侵入しやすくなった状態でゲームが始まります。

この一年後、「ニュートン」を遊んだときにこれは!と思い、興奮しました。
これは穴掘りシステムじゃねーか!と…。

個人ボードにカードを差すのって楽しいですよね。

■ゲームマーケット2017秋
二つの出来事がありました。
一つ目は「ハレルヤロックボーイ事件」です。

普段仲良くさせていただいている、現ハレルヤロックボーイのメンバーの皆さんが、
まったく周囲に知られずに新サークル「ハレルヤロックボーイ」を立ち上げました。

自分はもちろん周囲の誰も知らず、驚きというより、
教えてくれなかったことに対する悲しさが上回ってしまい、
その日はショックを受けていました。

二つ目はその夜に、PlanEの山内さんから
「こんなゲームを考えているからデベロップをお願いできないだろうか?」
という話を受けました。

自分はその日ショックを受けていたものの不思議なほど思考がクリアになっていました。
ネガティブで落ち込んでいるときほど集中できるようなのです。

面白くなりそうな予感がしたので、それをゲームに起こしてみようと思いました。

次の日、この気持ちの落ち込みを利用しない手はないと思い、
申し訳ないとは思いつつも、気持ちをどん底に叩き落とし、
ブースのお手伝いをしながら、ゲームのことを考えていたことを覚えています。

プロジェクトユニバースを作り始めたのは
ハレルヤロックボーイの力と言っても過言ではありません。
ありがとうございました。

ハレルヤロックボーイはゲームマーケット2019秋で、
新作「四畳半ペーパー賽系」を発売しました。

各自配られた紙に色鉛筆でパズルのピースを書き込んでいくタイプのゲームです。
面白いゲームですので、興味がありましたらこちらから是非お買い求めください。

ボドゲーマさん

コロコロ堂さん

デザイナーズノート-プロジェクトユニバース(原型)に続く


posted by やざわ at 12:50| 自作ゲーム:プロジェクトユニバース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

新作「プロジェクトユニバース」

■ゲームタイトル
「プロジェクトユニバース」

PJUbox1a.jpg


■アートワーク
 長谷川登鯉

■プレイ人数
 2人〜4人

■ゲームの時間
 100分

■対象年齢
 12歳以上

■説明書
 日本語
 English

■動画


■ゲーム内容
プレイヤーは宇宙へ荷物を送る、運送会社の支店長です。
他の企業から依頼を受け、資源を生産し、ロケットに積み、
依頼に記された宇宙ステーションへ運びます。

常に不足する資源、足りないアクション数、
迫りくる時間、…しんどいゲームとなっています。

■時間が足りない緊張感
このゲームは地球から宇宙へ荷物を運んで勝利点を稼ぐゲームです。

地球ではロケットの打ち上げに必要な燃料や、
荷物の生産など、宇宙へ行く準備をします。
そして、宇宙では積んだ荷物を持ってステーションをめぐり、
勝利点を得ていきます。

宇宙でやることが無くなったら帰宅を宣言することで
パスとなり、全員が帰宅したらラウンドの終了となります。

地球から宇宙へ行くと、そのラウンド中は地球へ
準備に戻ることができません。
そのため宇宙でたくさん荷物を運べるように、
念入りな準備が必要となります。

しかし、各ラウンドにはタイムリミットが設定されています。

各プレイヤーが特定のアクションをするたびにタイマーが進んでいき、
タイムリミットに達すると、
地球、宇宙問わずアクションする度に強烈なペナルティがかかります。

そのため、プレイヤーは決断を迫られます。

そろそろ、打ち上げるか?まだ、打ち上げないか?
ペナルティを計算してタイムリミット後でも
満足いく結果を残せるように努力するか?

このラウンドは宇宙へ行くのをあきらめて
帰宅して、次のラウンドに備えるか?

このタイムリミットが毎ラウンドの緊張感を演出します。

■依頼と労働力
プレイヤーの指針となる「依頼」は成功すれば勝利点、
ゲームが終わるまでに達成できなければ失敗となり、失点になります。

「依頼」は獲得した瞬間に「労働力」という資源が支給されます。

その依頼達成に必要だろうと思った、企業が与えてくれた人材でしょう。

この「労働力」を使うことで、
ロケットの燃料や積荷となる「豆」等を生み出すことができます。
様々な設備は人の手によって動いています。

物を生産していると「労働力」は減っていきます。
「労働力」は宇宙に行った後のロケット操作でも大量に必要になります。

「労働力」が足りなくて「依頼」が達成できないかもしれない…。
と感じる時が来るかもしれません。

そんなときは新たな「依頼」を獲得し、労働力を得ると良いでしょう。

獲得した労働力は、必ずしも獲得した依頼に対して使用していく必要はないのです。

依頼は5つの企業から1個ずつ、最大で5つの依頼を獲得し、持っておくことができます。
依頼はゲーム終了時までに達成できれば良いです。

狙っている依頼を達成するついでに、別の依頼を達成できるよう、
計画的に依頼を獲得していくことで、勝利点をたくさん獲得できるでしょう。

■最後に
ひとつ前に作った「マメィ」、
さらにその前に作った「老師敬服」と比べると、
ルールはより複雑で、時間がかかるゲームです。

それぞれのプレイヤーは独り言のようにぶつぶつと計算をし、
ああやって…こうやって…よし、行ける!と脳内で計画を立てます。

それが楽しめる人には、特にオススメのゲームです。

■内容物
 宇宙ボード:1枚
 本社ボード:1枚
 宇宙船ボード:4枚
 初期アクションカード:16枚
 追加アクションカード:36枚
 初期依頼カード:4枚
 依頼カード:40枚
 会議カード:6枚
 ラウンドカード:2枚
 スタートプレイヤーカード:1枚
 設備効果タイル:12枚
 お金マーカー:8枚
 労働力マーカー:8枚
 得点マーカー:8枚
 宇宙ステーションチップ:9枚
 プレイヤーチップ:80個
 時間マーカー:1個
 豆コマ(緑):50個
 水コマ(青):50個
 ロケットコマ:4個
 ルール:日本語 / 英語

■エラッタ情報
・サマリー
 日英どちらも最終得点計算のお金と豆のアイコン表記が逆になっています。
エラッタ1.jpeg

・アクションカード
 追加アクションカードNo.37のyamauchiですが、管理職のカードなのですが、左上のアイコンが幹部の物になっています。
エラッタ2.jpeg

2019年05月07日

ゲームマーケット2019春で気になったブース

お久しぶりです。
HOY GAMESのやざわです。

ゴールデンウィーク中にゲームマーケット2019春のカタログを読んで、
ここが気になった!というところを紹介してみようかなと思います。

ゲームマーケット2019春は
2019年5月25日(土)26日(日)の二日間開催され、
場所は東京ビッグサイト青海(あおみ)展示棟。
時間は10時〜17時までやる予定です。

気になるブースについては自分の好み、趣味で選んでいます。

パーティゲーム、アクションゲーム、コミュニケーション能力が必要となるゲームは
自分の好みから外れるため、あまり登場しません。

あと、間違った情報があったらすみません…。

特設(2日目):日本蒸奇博覧会
ゲムマ両日特設.jpg

スチームパンクな何かが売られているブースかと思います。
ゲームで遊ぶ際に使う小物とかもあるんでしょうか?
見に行ってみたいです。

エリア13・14:キックスターター&アークライト
ゲムマ両日エリア1314キックスターター&アークライト.jpg

画像の都合で1個にまとめました。

クラウドファウンディングサイトとして有名なキックスターターのブースがあるようです。
ゲームを作っているので、ちょっとどんな感じなのか話を聞いてみたいです。
あと、コーヒーが無料でもらえるみたいです。

隣にはアークライトブースがあり、新作ゲームで遊べたり展示されてるようなので、
そちらも気になります。

エリア18:Engames
ゲムマ両日エリア18エンゲームズ.jpg

他のお店と違った新作タイトルを輸入、日本語化されているEngamesさんのブースは今回何が出るのか気になります。
Twitterでも色々とすでに発表されていますが、その他にも何かありそうで目が離せません。
グレンモア2、予約済です。

エリア21:ワンドロー
ゲムマ両日エリア21ワンドロー.jpg

新作の「エンジェリストゲーム」を発表されています。
イラストは井上磨さんです。

説明書をさっと読んだ感じでは、カードをドラフトしカードセットを作るわけですが、
作り終えたカードセットをいっせーのせでどれを使うか指差しで選びます。
この時自分のは選べないのですが、残ってしまった場合は使えるようです。

自分の作ったカードセットの内容を知った状態で他人の山札を使って戦う…。
恐らくそれぞれが使えないセットを作り、みんなで足を引っ張りあいして、
自分の作ったセットと戦う時はかなり有利に戦えそうだけど、
肝心の自分の手持ちのセットの内容がどうなっているのか…。

まぁ、やってみないとわからないですね!

エリア23:ジーピー
ゲムマ両日エリア23ジーピー.jpg

ヴィアネビュラの日本語版「ネビュラ」が販売されるようです。
ヴィアネビュラはとても面白かったので、欲しいです。

エリア27:ホビージャパン
ゲムマ両日エリア27ホビージャパン.jpg

「みんなでぽんこつペイント」が再印刷されたようです。
品薄だったようなので、欲しい人は行ってみると良いかもしれません。
おそらく「老師敬服」もあるのでよろしくお願いいたします。(宣伝)

エリア28:itten
ゲムマ両日エリア28itten.jpg

新作の「MOON BASE」を発表されています。
ittenさんは今回カタログでインタビュー記事が載っています。
ボードを使ったゲームのようで、テーマが月面基地計画ということで気になります。

エリア29:すごろくや
ゲムマ両日エリア29すごろくや.jpg

いろいろと新作やイベントを行うようですが、
すでに販売されている「ゾンビキッズ」が気になっていて、
遊んでみたいなーと思っています。

エリア30:メビウスゲームズとテンデイズゲームズ
ゲムマ両日エリア30メビウス&テンデイズ.jpg

カルカソンヌに関するイベントが行われるようです。
そして、販売コーナーではどんなものが販売されるのか楽しみです。
ニュートンのプロモカードが欲しいです。

エリア30:イエローサブマリン
ゲムマ両日エリア31イエローサブマリン.jpg

「スティックスタック」というバランスゲームが推されています。
以前のゲムマで、知らないうちに発売されていた新作とかも売っていたことがあったので、
今回もどんなものが売っているのか見に行きたいと思っています。

エリア32:ディライトワークス
ゲムマ両日エリア32ディライトワークス.jpg

Fateのボードゲームが出ます。
とりあえず、気になります。

以降はエリアではないブースです。
エリアでないブースは出展するのが両日、1日目のみ、2日目のみかどうか書いておきます。

A14(両日):ゲームストア・バネスト
ゲムマ両日A14バネスト.jpg

Engamesさんとは違ってまた他のお店では売っていないような
ラインナップが楽しみなバネストさん。
バネスト電視台というyoutubeチャンネルがあるので、要チェック!

A15(両日):Swanpanasia
ゲムマ両日A15スワンパナシア.jpg

多種のスリーブを売っていることで恐らく有名なSwanpanasiaブースでは
「アイランドプロジェクト」という新作が発表されてます。
スリーブも気になりますが、この新作も気になります。

B15(両日):OKAZU brand with H
ゲムマ両日B15OKAZUbrandwithH.jpg

すっかりおなじみな気がしますが、
OKAZUさん、Hammer Worksさん、うっかり本圃さんの合同ブースです。
今回OKAZUさんの新作「商売往来」と
「アクロス・ザ・ユナイテッドステイツ」が気になっています。
どちらも現在予約を受け付けているようです。

C06(両日):青猫の巣 出張所
ゲムマ両日C06青猫の巣出張所.jpg

話題の新作の日本語版「アンダーウォーターシティーズ」が発売されるようです。
気になります…。
あと、「スマートフォン株式会社」が気になってるので、売っていたらほしいです。

C20(両日):スパ帝国
ゲムマ両日C20スパ帝国.jpg

新作「翡翠の商人」が発表されています。

実はすでにこのゲームではテスト段階で遊ばせていただいており、
面白いゲームだなと思いました。

場に並んだカードを獲得して、そのカードによって勝利点を得るゲームですが、
カードの獲得方法が変わっていて、時計回りに何枚とりたいかを宣言していきます。
宣言する場合はより少ない枚数を言わなければなりません。またはパス。

少ない枚数を言った人が場からカードを取り、
全員が1回ずつカードを取り終えるとカードが補充されて新しいラウンドとなります。

つまり、少ない枚数を宣言すれば獲得枚数が少なくなりますが、
先にいいカードが取れます。
逆に最後まで残った人は場に残ったカードを全て獲得できますが、
良いカードかどうかは微妙かもしれません…。

とても面白さが分かりやすいゲームで、アートも最高です。
アートは長谷川登鯉さんが担当しています。

D02(両日):ビバリー
ゲムマ両日D02ビバリー.jpg

パーティゲームやアクションゲームはあまり登場しないと書きましたが、
こういったギミックのゲームが好きな友人がいまして、どうかな?と思い、
気になるブースの一つにあげました。

あとから同じ理由でもう1ブース登場します。

D04(両日):グランディング
ゲムマ両日D04グランディング.jpg

新作「Upset-kakumei-」が発表されています。
カードの上下に異なる数字が書かれていて、
ある条件が満たされるとカードが反転するというもののようです。

気になります。

D07(両日):JUGAME STUDIO
ゲムマ両日D07ジュゲムスタジオ.jpg

新作「BONSAI UCHU」がTwitter上で発表されています。
全くルールなどは読んでおらず、タイトルがいいなと思いました。
ルールは公開されているようなのでそのうち読みたいです。

D08(両日):LAUGH SKETCH Inc.
ゲムマ両日D08ラフスケッチ.jpg

全くゲーム内容は知らないのですが、ゲームマーケットの公式ブログの方で
大きく宣伝されています。
そこからリンクが張られている公式サイトでは小説が書かれてたりします。
初出展と思うのですが、力が入っている感じがして気になりました。

F35(両日):HOY GAMES
ゲムマ両日F35HOYGAMES.jpg

すみません。うちのサークルです。
色々なお店で売られていると思いますが「マメィ」の再販と試遊をします。

遊びに来て!そして、マメィを買っていってください!

F36(両日):ゆるあーと
ゲムマ両日F36ゆるあーと.jpg

お隣さんです。
新作「ハニーフェスタ」が発表されています。

アートはツクダヒナミさん。
可愛い。

ずいぶん前にテストプレイしたことがあり、
あれからどうなったのか楽しみです。

ツクダヒナミさんと井上磨さんのアートのブースが
並んで出展することが個人的に嬉しかったりします。

F70(1日目):吉々庵
ゲムマ1日目F70吉々庵.jpg

新作「くだものがたり」を発表されています。
このゲームのデザイナーである月並いおりさんは、
エリア9:ディアシュピールで販売される
「フォトムズ」のデザイナーでもあります。
凄い…。

どちらも気になるゲームです。

F72(1日目):ぶんぶんゲームズ
ゲムマ1日目F72ぶんぶんゲームズ.jpg

何か新作が出るようです。
今までにOKAZUさんのゲームを出しているようなので
その流れで何か出るものでしょうか…?

G11-12(両日):サザンクロスゲームズ
ゲムマ両日G11ー12サザンクロスゲームズ.jpg

エイジオブシリーズでおなじみのサークルですが、
別のサークルSpieldisorderの新作「Leiden 1593」が販売されるようです。
ゲムマ大阪の時から気になってたんですが、時間を取ってルールを読みたいと思います。

G33-34(両日):花山ゲーム研究所
ゲムマ両日G33-34花山ゲーム研究所.jpg

ハナヤマの過去の復刻、再構築したゲームを出すとのことです。
友人が好きそうです。

G41(両日):spiel.jp
ゲムマ両日G41spieljp.jpg

「ダンジョンマーケット」が販売されるようです。
海道ボドゲ博で発表されてから、気になっていました。
遊んでみたいです。

G72(一日目):かぼへる
ゲムマ1日目G72かぼへる.jpg

新作はなさそうですが、かぼへるさんに会いに行きたいです。

H08(両日):Regalez
ゲムマ両日H08Regalez.jpg

新作「NEVIDEBLA MANO」が発表されています。
長時間のゲームの第二弾とのことで、気になります。
第一弾のカルボも遊んでみたい…。

H18(両日):MOZI
ゲムマ両日H18MOZI.jpg

台湾のサークルだと思います。
サークルカットの謎の新作、可愛いです。
あと、ロゴも可愛いひつじだなーと思います。

J16(両日):メリーアンドリューワークス
ゲムマ両日J16メリーアンドリューワークス.jpg

新作「ギルド・オブ・ダイス」が発表されてます。
これもテストプレイで遊ばせてもらいました。
ずいぶん前なのであまりルールは覚えてないのですが、
とても面白いゲームだったことは覚えていて、
最終的にどうなったのか気になります。

K04(両日):秘密基地研究所
ゲムマ両日K04秘密基地研究所.jpg

新作「飛商船パトロネージ」「ラトゥナプラの星」が発表されてます。
内容は不明ですが、テーマが面白そうだなと思いました。
気になります。

K12(一日目):アナログランチボックス
ゲムマ1日目K12アナログランチボックス.jpg

新作「ダズリングダイス」が発表されてます。
飛行船都市も自分の好きな方向ではあったので、
今作も気になります。

L04(一日目):我楽多ボックス
ゲムマ1日目L04我楽多ボックス.jpg

新作「トレンドカラー」が発表されてます。
フォアシュピールで試遊させてもらい、
とても地味ながら面白いゲームでした。
地味なゲームが好きな人は要チェックです。
自分は地味なゲーム、大好きです。

L12(一日目):BGLAB
ゲムマ1日目L12BGLAB.jpg

新作「トコトコ」が発表されてます。
Twitterでちらっと見た感じではアクションゲームだと思われますが、
アイディアが面白いですね。
「トマトマト」に続いて、今後も気になるサークルだと思いました。

L13(一日目):植民地戦争+α
ゲムマ1日目L13植民地戦争+α.jpg

新作「公国のペレストロイカ」が発表されてます。
以前から中量級のゲームを出されていて、
新作に限らず過去作とかも遊んでみたいなーと思っています。

M03-04(両日):EmperorS4 Games
ゲムマ両日M03-04EmperorS4.jpg

台湾のメーカーですね。
神殿の謎シリーズ、遊んでみたいです。

M05-06(両日):SOSO STUDIO
ゲムマ両日M05-06SOSOSTUDIO.jpg

ここも台湾のメーカーですね。
新作は「台湾製茶録」でしょうか。
名前の通り、お茶を作るゲームと想像しますが、
テーマが良さそうです。

M43-44(一日目):イマジンゲームズ
ゲムマ1日目M43-44イマジンゲームズ.jpg

でんしゃクジラ、フタリマチ、そしてさらに新作!
期待しています。
ラララうちゅうも好きです。

M49-50(一日目):Siroup games
ゲムマ1日目M49-50シロップゲームズ.jpg

新作「ポンプ消防隊」が発表されてます。
テストプレイさせてもらって、どんなゲームかすでに知っているのですが
お題クリア型の、切り札あり、マストフォローのトリックテイキングです。
こちらもアートは長谷川登鯉さんが担当しています!

M55-56(一日目):luck movies
ゲムマ1日目M55-56らっくむーびー.jpg

新作「ヨツバナイツ」が発表されてます。
らっくむーびーさんと言えば、
個人的には30分くらいの短時間で終わるゲームを多く作っている印象がありました。
今回は40〜60分ということでそれよりも少し時間がかかるゲームで気になります。

M57-58(一日目):ハレルヤロックボーイ
ゲムマ1日目M57-58ハレルヤ.jpg

新作「ゴシップアンドザシティ」が発表されてます。
何度かテストプレイさせてもらいましたが、
面白いゲームと思いますのでとてもオススメです。

ルールは公開されていますので、興味がある方は読んでみたり、
体験会などでぜひ体験してほしいゲームです。

アートは老師敬服の時にアートを担当してくれた
PlanEの山内さんです。
凄く良いです。

N28(一日目):ラブリー会創作ボードゲーム研究室
ゲムマ1日目N28ラブリー会.jpg

新作「プラネットアドベンチャー5」が発表されてます。
見た目はちょっと危ない、どこかで見たことのある感じですが、
ゲーム内容はいつもしっかりしていて面白いので楽しみです。
新作ではないですが、はたらけ!ノーミンの方が気になってます。

N33(一日目):Power9Games
ゲムマ1日目N33パワーナインゲームズ.jpg

前回のゲムマ秋に引き続き「ドラゴンズストーンリバイズド」のようです。
リバイズドになって様々な点が調整され、遊びやすくなっていて、
特にトレーディングカードゲームが好きな人はオススメです。

N37(一日目):mogwai
ゲムマ1日目N37モグワイ.jpg

長谷川登鯉さんのブースです。
「セブンスナイト」の再販以外にも何か色々な委託とか
旧作の再販があると思います!

N47(一日目):新ボードゲーム党販売部
ゲムマ1日目新ボードゲーム党N47.jpg

新作「Rect」が発表されてます。
ゲーム内容は不明ですが、気になります。

N55(一日目):デコクトデザイン
ゲムマ1日目N55デコクトデザイン.jpg

「おにぎりさん」が大きくサークルカットに書かれていますが、
新作「名人伝」が発表されてます。
一体どんなゲームなのか、遊んでみたいです。

Q15-16(両日):カワサキファクトリー
ゲムマ両日Q15-16カワサキファクトリー.jpg

新作「カタカナレインボー」が発表されてます。
こちらもフォアシュピールで試遊しました。

様々な色の棒を使ってカタカナを作り、お題に沿った言葉を作ります。
思いついたら手を上げ、10秒以内に言葉を作ります。
お題は複数あり、複数のお題の条件を同時に満たした場合
それらもまとめて達成となる気持ちよさがあります。

R01-02(両日):Saashi & Saashi
ゲムマ両日R01-02Saashi_Saashi.jpg

新作「エレベータ前で」が発表されてます。
ゲーム内容は不明ですが、欲しいです。

R13-14(両日):倦怠期
ゲムマ両日R13-14倦怠期.jpg

新作「ジンバブエトリック」「タイムパラトリックス」が発表されてます。
過去に面白いトリテを出されていたので超期待してます。

S10(一日目):タルトゲームズ
ゲムマ1日目S10タルトゲームズ.jpg

新作「三津浜」が発表されてます。
リアルタイムの競りゲームで、魚を集め、集めた魚のセットを卸すことで高得点を狙うようです。
肝となりそうなのが倉庫番で、魚は1種類につき1人の倉庫番を必要とします。
また、上限もありそうで、倉庫番を増やすことで上限を増やせるようです。
つまり、倉庫番がいなければ魚を保存できないのです。

しかし、魚のセットを卸すと倉庫番が一人いなくなります。
その後に集められる魚に制限がかかるんだと思います。
面白そうです。

S10(二日目):一年中未来
ゲムマ2日目S10一年中未来.jpg

新作「ベストワードクラブ」が発表されてます。
いくらでも続けていいし、いつ終わってもいい、
ゆるく遊べて楽しいゲームです。
予約して購入済みです。

S14(二日目):さとーふぁみりあ
ゲムマ2日目S14さとーふぁみりあ.jpg

新作「ケーキをつくろう」が発表されてます。
可愛いおばあちゃんのアートは井上磨さんです。
今回の磨さんが担当された中で、このおばあちゃんが一番好きです。

S15-16(一日目):慶應HQ
ゲムマ1日目S15-16慶應HQ.jpg

今まで面白いゲームを作っているサークルです。
新作は手軽に遊べるボードゲームということで、
今までとは違った感じでどうなるのか楽しみです。

S23(二日目):らなとパパ
ゲムマ2日目S23らなとパパ.jpg

新作「にゃんこパイレーツ」が発表されてます。
可愛い猫の海賊が書かれていますが、
こちらもアートは井上磨さんです!

T07(一日目):Open Circle
ゲムマ1日目T07Open_Circle.jpg

新作の情報はありません。
ゲームの調整は少し甘いかもしれないと思いつつ、
いつも新しいシステムに挑戦している印象があるサークルです。
新作が出るのであれば、欲しいです。

W01(一日目):I was game
ゲムマ1日目W01Iwas_game.jpg

上杉さん(カレーさん)のブースです。
新作があるかわかりませんが、挨拶には行きたいです。

Y04(一日目):Ficdap
ゲムマ1日目Y04Ficdep.jpg

新作「農村大発展」が発表されています。
ゲームの内容はまったくわからないのですが、
個人的には一番楽しみです。
人はなぜ農業に惹かれるのか…。

Y06(二日目):絶景かな
ゲムマ2日目_Y06絶景かな.jpg

ブース名と同じく「絶景かな」というトリックテイキングゲームが発表されてます。
ルールは不明ですが、気になります。

--------------------------------------------------------------
気になるところをたくさん上げてみましたが、
おそらく自分は両日、ブースがあるため
全てのブースを回る時間、購入するお金はないと思います。
行けなかったらすみません…。

何かの参考になったら嬉しいです。

そして、F35(両日):HOY GAMESもよろしくお願いいたします。
posted by やざわ at 23:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。